弁護士による債権回収のメリット

弁護士による債権回収のメリット

企業の経営者は,ときとして,取引先が商品代金を支払わないという事態に遭遇するかもしれません。売掛金の請求のような,いわゆる“債権回収業務”は,相手方が契約どおり支払えば発生しないものです。しかし,債権回収に関するトラブルが発生し得る可能性は多くの企業にあり,発生すると,慣れない対応に担当者の時間と労力が割かれているのが実情なのです。

弁護士による債権回収のメリット

そのような,経営者や担当者の思いに,当事務所の弁護士がお応えします。

法的知識や経験といった弁護士ならではのメリットを活かし,
迅速かつ適切な交渉を行ってまいります。

1相手へのインパクトと適切な対応

弁護士が代理人となって債権回収を行うことにより,債務者である相手方に大きなインパクトを与えることができます。たとえば,弁護士名義で内容証明郵便を送るだけでも,「放っておくと裁判を起こされるかもしれない」といったプレッシャーを相手方が感じ,支払に応じる場合も多くあります。また,取引先が倒産するかもしれないといった事態では,専門知識や経験を持つ専門家に依頼し,早期に対応することが重要です。弁護士が適切な判断を行い,迅速に交渉を行ったり,状況に応じた最善の法的手段を用いたりすることで,早期の解決や有利な結果を勝ち取れる可能性が高まります。

2リスクの回避

「お金は払ってほしいけれど,今後も取引を続けたいので,事を荒立てたくない」。そう話す債権者の方もいらっしゃいます。実際,ご本人同士で交渉を行うことにはリスクが伴います。たとえば,交渉を進めるうちに感情的になった結果,取引を解消されてしまう,などということもあり得ます。また,正しい主張であるとはいえ,交渉を行う際には,債権者名を出さざるを得ません。弁護士であれば,法令を遵守し,社会規範に反することなく交渉を行いますので,相手方とのトラブルや貴社のブランドイメージ低下を防ぎながら,回収を進めることが可能です。

3費用や負荷の軽減

債権回収の業務は煩雑であり,時間や手間がかかります。担当者が通常業務と並行して慣れない債権回収を行うことで,本来行うべき業務が滞ってしまうおそれがあります。加えて,貴社で債権の管理・回収を行った場合,事務処理にかかる人件費など目に見えるコストだけでなく,担当者の心理的負荷などといった目に見えない負担も増加します。弁護士にご依頼いただいた場合,法律知識や経験を活かし迅速に対応いたしますので,時間の有効活用や人件費の削減に加え,担当者の方の負荷を軽減にも繋がります。

4弁護士だけが行える法的手続

債権回収にはさまざまな方法がありますが,すべてのケースに適用できる万能なものはなく,債権額や相手方との関係性によって異なります。また,内容証明郵便の送付や民事調停の申立,といった方法で解決できない場合は,最終的に訴訟を起こすことになります。訴訟は専門知識が必要であり,勝った場合でも,強制執行手続をしなければならないなど,大変な手間がかかります。弁護士に相談いただければ,事案ごとに法律知識を駆使して検討し,仮差押えや訴訟などの法的手続で,どの方法がもっとも適切かの判断を行うことができるため,回収の確率を高めることが可能です。

まずはお気軽にご相談ください
  • 03-5950-0824 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)
  • 無料相談のお申込み

企業法務に強い顧問弁護士ならアディーレ法律事務所

プライバシーマーク弁護士法人アディーレ法律事務所は,個人情報の適切な取扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。

もっと詳しく知りたい方はコチラのページもご覧ください

債権回収に関することなら何でもお気軽にご相談ください
  • 03-5950-0824 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)
  • 無料相談のお申込み

  • 少額債権でも対応可能
  • ご相談は何度でも無料
  • 国内最多の78拠点